ヘアマニュキュアで白髪染めってどうなんだろう?

白髪染めにはこちらで紹介したように(→白髪染めの種類)、いろいろなものがあります。

その中でも白髪染めトリートメントと同様に髪が傷まない白髪染めの1つである「ヘアマニュキュア」での白髪染めについて考えてみましょう。


ヘアマニュキュアとヘアカラーの違い

市販の白髪染めの有名ブランドビゲンやシエロ、ブローネなどからは、同シリーズでヘアカラーとヘアマニュキュアが白髪染めとして発売されていますが、この2つは全く性質が異なるものです。

ヘアカラーは酸化染毛料で、髪に酸化染料が浸透し酸化させることで髪を染めます
同時に髪に色を付けるために脱色(ブリーチ)も行います。

ですので、しっかり髪の内部まで色が入り一度染まると1カ月半〜2か月くらい色が落ちません。

しかし、髪を酸化させて無理やりに色を付けているわけですから、髪に相当のダメージを与えます。


これに対しヘアマニュキュアは髪の表面に染料を付けるものです。

脱色も行いませんし、髪の内部に染料を浸み込ませることもしません。

1回で色は染まりますが表面に色を付けているだけなのでシャンプーで洗うと徐々に落ちていき、1週間〜2週間で染め直す必要があります。
ですが髪にダメージはありません。

これが大きな違いです。

髪にダメージが多いことは承知の上でそれでもしっかり色を付けたいならヘアカラー、多少まめに染め直すことになっても髪にダメージは与えたくないというならヘアマニュキュアです。

(※管理人個人としてはどちらかを使うなら絶対にヘアマニュキュアの方がいいと思います!)

ヘアマニュキュアのデメリットは?

「髪も1回で染まる、ダメージもない・・。ならヘアマニュキュアで染めればいいのでは?」

当サイトでは髪の傷まない白髪染めを紹介していますので、確かにヘアマニュキュアでもいいのですが、実はヘアマニュキュアにもデメリットがあります。

それは地肌・皮膚(顔・頭・手)に付くと中々取れないということ。

ヘアマニュキュアの染料は1回でできるだけしっかり染めることができるようにかなり濃いものになっています。

ですのでヘアマニュキュアで染める際は、手袋はもちろんですし、耳に付かないようにイヤーキャップ、おでこ(額)にはもし染料がついても落とせるように保護クリーム等を塗ります。

このような完全ガードをぜすに気軽に染めてしまうと、いろいろな部分に染料が付いてしまい、数日悲惨なことになってしまいます。

このくらいに強力です。


※参考(花王ブローネ公式サイトより)

ヘアカラーも皮膚に付かないように手袋などで保護しますが、こちらは染料の色移りのためというよりはかぶれ防止のためです。

しっかりガードができればヘアマニュキュアでの白髪染めは問題ないように思いますが、地肌(頭皮)に付いた染料も落ちないわけですから、地肌ギリギリのところは染められないのです(地肌も染まってもいいなら大丈夫なのですが・・これ頭皮が黒く染まっているのかなり恥ずかしいです・・)。

というわけでヘアマニュキュアで染める場合は、地肌ギリギリのところをうまく避けて染めることになるので、地肌からのその数ミリ、白髪がが残ってしまうことが多いのです。
すごく器用な方だとうまく染められるとは思うのですが、あまり慣れていない方だと白髪部分が結構残ってしまったり、反対に染めたくない地肌に色が付いてしまったり。

また部分白髪の場合はその部分だけ染めるので地肌や皮膚に色が付ないように保護するのは比較的簡単ですが、長い髪や全体を染めたい場合は、保護する面積が広く、首回りなどにも気を配らないといけません。

ついうっかりヘアマニュキュアを付けた長い髪が首に触れてしまったりすると・・・しっかり首に色が付いてしまいます。

ここがずばりヘアマニュキュアの難点です。

ヘアマニュキュアと白髪染めトリートメントの違い

こちらでも何度も紹介している白髪染めトリートメントですが、この白髪染めトリートメントも、区分としては「ヘアマニュキュア」になります。

髪の表面に染料を付けるものです。

この二つは実は同じものですが、染料が違います。

白髪染めトリートメントは髪は染まっても地肌や皮膚は染まらない(色が付いてもすぐに落ちる)染料を使っています。

確かに従来のヘアマニュキュアに比べると染毛力は落ちます。
ヘアマニュキュアのように1回で完全にしっかり染まるというわけにはいきません。

1回でかなり色が染まるものもありますが、ヘアマニキュアに比べるとやはり弱いです。

ただ、地肌や頭皮についてもその部分は色が簡単に落ちますので、地肌のギリギリまで染料を塗っても大丈夫。
というよりも地肌の上からベターっと付けてしまって大丈夫なのです。

生え際等の目立つ白髪部分にもたっぷり付けて問題ありません。
おでこ(額)の部分についてしまっても簡単に落ちます(ティッシュ等でその都度ふき取るのがおすすめ)。

「素手で染まられる」というコピーの通り、手に付いた白髪染めも落ちますが、手だけは爪の間に入ってしまうと落とすのも面倒ですので、手だけは手袋を付けることをおすすめします。

ここがヘアマニュキュアと白髪染めトリートメントの違いです。

ヘアマニュキュアと白髪染めトリートメントの染料の違い

ヘアマニキュアは髪も染まりますが地肌も皮膚も染まります。
白髪染めトリートメントは髪は染まりますが地肌や皮膚は染まりません。

これは白髪染めトリートメントが弱い染料を使っているからというわけではありません。

その染料の原料が全く異なります。白髪染めトリートメントは基本的に天然の染料を使っています。

例えば利尻ヘアカラートリートメントの場合は、クチナシ・紫根・ウコン・アナトーなどが原料です。

ルプルプの場合はベニバナ、、藍の葉、クチナシなどです。

対してヘアマニュキュアの染料はタール色素などが使われています。

このようにヘアマニュキュアの染料を薄くしたのが白髪染めトリートメントというわけではなく、全く性質の違うものを使っています。

どちらがいいかはそれぞれですが・・

ヘアカラーを使うなら、絶対にヘアマニキュアの方をおすすめします。

1回ぐらいではわからないかもしれませんが何度か髪を染めると、この2つでは髪のダメージが全く違います。

そしてヘアマニュキュアを使うか、白髪染めトリートメントを使うかですが、これは好みもあるかもしれません。

でも、1回使ってしまうと白髪染めトリートメントの手軽さ、簡単さはきっとわかってもらえると思います。

何も気にせずベタベタと染めたい部分にトリートメントを付けるだけですから。

ヘアマニュキュアで髪を守りながら染めたい方には是非一度白髪染めトリートメントを試してもらいたいと思います。

おすすめの白髪染めトリートメントはこちら→白髪染めトリートメント