こんなところに白髪が…。アンダーヘアの白髪は悲しい

年齢を重ねていくと髪の毛だけではなくいろいろなところに白髪が出てきます。
眉毛、まつげ、そしてそうアンダーヘア、下の毛、陰毛と呼ばれるところです。

ここの部分に白髪を見つけた時のショックはみなさんかなり大きかったのではないでしょうか?

「え?こんなところにも・・」と急に老けてしまったような気持ちになって落ち込んでしまった方も多いと思います。

髪の白髪とは違い普段は見えない部分ですから、そういう意味ではそれほど気にしなくてもいいのかもしれません。

でも不思議と精神的にショックを受けてしまうのがこのアンダーヘアの部分の白髪だと思うのです。

髪の白髪の話はどこでもできますし、いろいろな情報がありますが、なかなか陰毛の白髪については人にも聞きにくく、みんな何歳ころから生えてきているのか?陰毛が白髪になったらどうしているのか?などわからない部分もあると思います。

ここではそんな一番ナイーブな部分である陰毛の白髪についてしっかり解説したいと思います。

陰毛が白髪になる原因|何かの病気なの?

血行不良陰毛の白髪の原因は、頭髪の白髪と同様に「加齢」「栄養不足」「遺伝」などが主な原因です。(→白髪の原因

白髪ができるのメラノサイトでメラニンを受け取れなくなるからです。
メラニンが少なくなってしまうのは血液の減少、栄養不足、血行不良から。そしてこれは加齢で進行しています。

アンダーヘアの白髪もこれが原因です。

ただし、頭髪は女性ホルモンが管理していますが、アンダーヘアなどの体毛は男性ホルモンの管理となります。

老化によってホルモンバランスは乱れてきますが、このように毛には管轄するホルモンは異なっています。

陰毛の白髪は病気のサイン?

「陰毛の白髪って何かの病気のサインなの?」

そんな噂を耳にしたことがあります。
ですがこれははっきりした根拠のないうわさで陰毛の白髪と病気の関係はないようです。

他の白髪と同様に老化からくるものですから、この部分の白髪だけを特に気に病むことはありません。

陰毛の白髪っていつから?何歳から出てくるの

頭髪の白髪と同様に陰部の白髪も個人差がかなりありますが、多いのは40代の半ばくらいからです。

30代から出る方もいますし、50代からの方もいます。

ただ頭髪の白髪が早いからアンダーヘアの白髪も早いというわけでもありません。
管轄するホルモンが違うので進行は同じではないようです。

ストレスで早くから白髪が出る方も

陰毛の白髪は平均年齢では40代になりますが、中にはかなり早く20代でも白髪が見つかる方もいます。

この場合は老化というよりも「ストレス」が原因になっていることが多いでしょう。

産後などに一時的に陰毛が白髪になることもあります。

この場合は今後ずっと白髪になってしまうということではありませんので安心して大丈夫です。

アンダーヘアの白髪の処理法は?

では陰毛に白髪が増えてきてしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?

「髪の毛のように他人には見えるわけではないし。齢だし・・もういいや。」と割り切ってしまえば いいのかもしれませんが、やはりこれもちょっと悲しいですよね。

せっかく髪の毛は白髪染めできれいに染めていても、下の毛は白いなんて…ちょっと気持ち的には悲しいものです。

自分で毛抜きで抜く

毛抜きで抜くアンダーヘアの白髪の処理法はいくつかありますが、一番早いのは「抜く」ということでしょう。

本数がそれほど多くない場合は、1本1本丁寧に抜いてあげればほとんど目立たなくなるでしょう。

ただし陰毛部分の毛根は繊細でデリケートなため、脱毛はかなり慎重に行った方がいいでしょう。

毛抜き等で力任せに抜いてしまうと毛根を痛め、毛嚢炎(もうのうえん)になりやすい場所です。

毛嚢炎は毛穴がニキビのような炎症を起こしてしまうこと。
ブツブツとした湿疹ができたり、膿がたまるとかなりの痛みが起こります。

毛嚢炎は陰部に限らずどこでも起こりますが、毛の密集しているところは特に起こりやすいく、特に下着などで擦れたり蒸れたりする部分では悪化しやすくなります。

軟膏薬などで治療はできますが、なかなか病院に行くのも恥ずかしい場所です。
できれば毛嚢炎にはならないように気をつけたいもの。

炎症を起こさないように陰部の白髪を抜くためには、お風呂上りなどの清潔な状態で毛を抜くこと。

清潔な毛抜きを使うこと。
一度に大量に行わないこと。
などには最低限注意をして行いましょう。

ヒートカッター等で切る

ヒートカッター頭髪の白髪と同様に切るというのもおすすめです。

毛根も傷めません。

ただし、普通に切ってしまうとカット面がチクチクしてしまうのでヒートカッター等で処理した方がいいでしょう。

白髪染めで染める?

「陰部の白髪を染める」というのは絶対にやらない方がいいでしょう。

成分的に安全といわれているような白髪染めでも、それはあくまでも頭髪専用。

デリケートな部分には絶対に使用しないようにしましょう。

白髪をできるだけ進行させないように

このように陰毛の白髪は老化の一環で、病気が原因だ!などということは基本的にはありません。
ですからあまり心配はいりませんが、それでもケアしていくことを考えるとても憂鬱ですね。

頭髪の白髪以上にできることなら白髪を増やしたくないものです。

黒ゴマで白髪を予防白ごまうがいで予防白髪予防サプリなど当サイトでもいくつか白髪予防の方法を紹介しています
簡単に取り入れられるものもありますので、是非検討してみてください。


白髪染めシャンプーTOPへ戻る→白髪染めシャンプー