ポーラのグローイングショット

あの有名で高級なイメージのあるPOLA(ポーラ)が作った白髪染めがこれ、「グローイングショット」です。

こちらはシャンプーではなく、コンディショナーの代わりに使うというタイプ。

普通にシャンプーをした後、コンディショナー代わりに付けて、約5分置き、その後洗い流すというものです。

ですので白髪染めトリートメントと分類してもいいのですが、放置時間が「5分」
長ければ長いほどいいというわけではなく、本当に5分で髪が染まります

通常のダメージヘア用のトリートメントでも成分を髪に浸透させるために5分くらい時間を置きます。
その時間だけで髪がしっかり染まる、それがこのグローイングショットです。

本当に5分で染まるの?

白髪染めトリートメントに分類される利尻ヘアカラートリートメントやルプルプも5分〜10分で染まるとなっていても、実際には20分〜30分ほど時間をおいた方が良く染まります

利尻ヘアカラートリートメントはお風呂の中で濡れた髪に使うことができますが、これも乾いた髪に付けた方が良く染まります。(どちらの使い方もできるようになっています)

ですが、このグローイングショットはお風呂の中で(シャンプーあとに)使うようにはじめから推奨されている商品です。

シャンプー後の濡れた髪に約5分付けるだけで色が入ります。30分くらいおいてみても5分しかおかなかった時とあまり変わりません。

これはポーラが開発した「Wピグメント処方」という染毛方法を採用しているからで、ます浸透するタイプのカラー成分がまず髪に入り込んで発色し、その上に吸着するタイプのカラー成分がコーティングをします。
この2つの異なるカラー成分を同時に配合したことで5分という早染めを実現しています。

この5分1回でしっかり色が付くというわけではありませんが、まばらな白髪ならほぼ目立たなくなります。

完全に色を付けるなら3回ほど連続して使いましょう。

濡れた髪に使うので伸びがいい

白髪染めトリートメントは乾いた髪に使うよりも濡れた髪に使う方が伸びがいいため、少量で全体に行き渡ります。

ですのでこのグローイングショットも1本でショート15回分、セミロング7回分、ロング5回分くらいを染めることができます。

乾いた髪ではかなりの量を消費してしまいますが、濡れた髪に使う場合ですと、消費量は大きく異なるのです。

ここも濡れた髪に使うメリットです。

使いやすいブラシタイプの部分染めも人気

ポーラのグローイングショットにはブラシタイプの部分染めもあります。

ブラシと一体型になっているタイプで気になる部分をブラシで梳かすと、その部分に色が付くタイプです。

ただし、この部分染めは一時的に色を付けるタイプで、染める成分はありません
シャンプーでほぼ落ちます。

白髪隠しとして気になる時に使うものという位置づけです。

あまり必要はないかもしれませんが、急なお出かけで「あ、白髪のケアをしてなかった!」という時などに1本持っているとかなり助かることもあります。

現在色は2色ですがブラウンがおすすめ

グローイングショットの色は現在ブラウンとブラックの2色です。
(部分染めも2色あります。

ただし、このグローイングショットのブラックは正直に言うとあまりしっかり色が付かないので、ブラックを購入するなら他の商品の方がいいと思います。

参考→男性用白髪染め

反対にブラウンは5分でもかなり色が入るのでおすすめです。
色持ちもよく染め直しも2週間に1回くらいで大丈夫です。

比較的赤みの多い色合いになりますが、女性ならきっと気に入る色合いだと思います。

トリートメント効果も抜群で、スパイシーな香りも高級感があります。


グローイングショット購入ガイド



グローイングショット

POLA グローイングショットカラートリートメント

あのポーラから待望の白髪染めが登場!
シャンプーではありませんが、コンディショナーとして染めます。一般のトリートメントと同様に5分間置くだけ。
お風呂で簡単にできる早染めタイプ!
色持ちの良さに定評があります。
使いやすいブラシタイプの部分染めも同時発売

価格 3,132円
使用法 シャンプーの後にコンディショナーとして使う
放置時間 5分〜


その他の白髪染めシャンプー

その他の白髪染めシャンプーについてはこちらをご覧ください。
白髪染めシャンプー