一般的な市販の白髪染めってどうなの?

ドラッグストアのヘアカラー売り場を見ると様々な白髪染めが売っています。

有名なブランドですとビゲン、花王ブローネ、シエロ、サロンドプロなどなど。
また各ブランドでも泡カラークリームタイプ早染めタイプ乳液タイプなどいろいろな種類があります。

当サイトでは髪の傷まないトリートメントタイプやシャンプータイプの白髪染めをおすすめしていますが、これだけ多くの商品が売っているのを見ると「普通の市販の白髪染めでもいいんじゃないかな?」と思ってしまいます。

でもちょっと待ってください。

やっぱり市販の白髪染めにはかなりのデメリットがあるのです。

市販の白髪染めのメリット

市販の白髪染めのメリットはやはり1回でしっかり染まること、色持ちの良さ、そしてその金額の手軽さでしょう。

市販の白髪染め(ビゲンやブローネなど)は、白髪染めトリートメントとは異なり、一回でしっかり色が付きます

真っ白な髪でも色がしっかり入ります。
生え際や頭頂の伸びかけの部分なども染め残しなく色が入ります。

これはやっぱり嬉しいですね。1回で今まで白かった髪がキレイな髪色に戻るのですから。

そして色持ちもよく、1回染めると1カ月〜1カ月半くらいは色落ちしません

そして価格も600円から1000円前後。
このくらいで購入できます。

このメリットを考えるとあまりの手軽さに「市販の白髪染めで染めてしまってもいいかな・・」と思ってしまいます。

実際に、まだまだ白髪染めと言ったらこのタイプのものを使っている方が多いでしょう。

ですがこのタイプの白髪染めは酸化染毛料です。
酸化染毛料は髪を一度脱色してキューティクル無理やり開き、そこに染料を入れていく染め方。(詳しくはこちら→白髪染めの種類

これを続けていくと・・・髪が悲惨なことになってしまうのは容易に想像がつきます

市販の白髪染めで髪を染めると

酸化染毛料で髪を染めると、髪は一気にダメージを受けます。
個人差もあり、髪が太くて健康な場合はまだいいのですが、細い髪だと1回でかなりのダメージに。

私たちの世代の髪は若い頃に比べて細くなっています
ですので若い頃におしゃれ染めのヘアカラーをして大丈夫だった人でも、今の髪では薬剤の影響に耐えられないのです。

それでも少し前まではこのタイプの白髪染めしかありませんでしたから、白髪を染めようと思ったらこれを使うしかありませんでした。

髪がパサパサになっても白髪のままでいるよりはまだいい・・・という選択しかなかったのです。

それでも市販の白髪染めを使うなら

それでもやっぱり市販の白髪染めを使うなら、どの種類を選べばいいか・・・

この場合、「早染め」をウリにしているものは避けた方が無難です。

早く染まるから便利じゃないか?と思われそうですが、早く染まるというのは=強い薬剤で一気に染めるタイプだということ。

ですので髪にはかなりのダメージがかかります。
実際に早染めタイプは「○○分以内には必ず洗い流してください」という表記が書いてあります。

これ以上長い時間髪に付けていると大変なことになってしまうからです。

時間内に洗い流せばまだいいのですが、ちょっとでもまごまごしているとあっという間にして時間が過ぎてしまうことも。

20分の放置時間の指定があるもので2分くらい長くなるのはいいですが、5分の放置時間の指定のもので2分も伸びてしまったら・・・。
髪のダメージは計り知れません。
ですので早染めタイプのものは避けるべきです。

時間が長すぎるものも反対に危険です。薬剤は弱いのですが長時間髪に付けておくのはやはり危険。
地肌に付いている時間も長くなりますので頭皮への影響も心配です。

放置時間が長いものはそれだけ染まり方も弱いということですから色落ちも早いものが多いです。

そうすると次に染めるまでのインターバルも短くなります。
白髪染めの回数が多ければ多いほど髪が傷みますので、悪循環になってしまいます。

このようなことからも市販の白髪染めを使うなら放置時間が適度なもの。15〜20分くらいのものを選ぶのがおすすめです。



白髪の部分だけを染めること!

そしてできるだけ白髪の部分だけを染めるようにしましょう。

市販の白髪染めは脱色(ブリーチ)してから色を入れるので、この白髪染めを繰り返していると黒髪の部分も色が落ちた時は脱色され白くなります

今まで黒髪だったところまで白くなってしまうのです。

ですのでできるだけ白髪のところだけを狙って薬剤を付けるようにしていきましょう。

部分だけを染めることを考えると、ボトルで1回分を混ぜて使うタイプではなく(使い残しは使えません)、使う時に使いたい量を出すことができるタイプ(余った分は次回使えます)の白髪染めがおすすめです。



ロングの方に市販の白髪染めは厳禁!

ロングヘアの方は市販の酸化染毛料の白髪染めは使わないことをおすすめします。

ショートの方ならば髪をまめに切りますので全体的にあまり痛みはないと思うのですが、ロングの場合は毛先の髪はもう何年も伸ばしている髪です。

様々な外的要因によっても当然髪は傷んでいて細くなっているはず。
ここに酸化染毛料の白髪染めをしてしまったら・・・あっという間にボロボロです。

毛先だけではなく、髪の中間くらいの部分も一度染めてしまうとダメージが蓄積され、その髪が伸びていくうちにはどんどんボロボロに・・。

せっかく伸ばしているロングヘアも途中で切らなくてはいけなくなることもあります。

ですのでロングヘアの方は市販の白髪染めは厳禁!だと考えています。



市販の白髪染めおすすめ

以上のような条件から部分染めであることを前提に、市販の白髪染めの中でおすすめの商品をセレクトしてみました。

ビゲン香りのヘアカラークリームタイプ

テレビCMでも有名なビゲン香りのヘアカラーです。

1回で使い切る乳液タイプもありますが、部分染めであることを考えるとこちらのクリームタイプをおすすめします。

染毛後の髪ができるだけ傷まないようにトリートメント成分にも気を使っています(傷みますが・・)。

付属のブラシ(刷毛)が生え際にピタッと付き、染めやすい形状になっています。

染毛時間は15分。販売価格は600円前後です。



シエロヘアカラーEXクリーム

このシエロのヘアカラークリームは2つのボトルに分かれているものが、使う時にプッシュすると同時に出てきてその場で混ざります。

ですので自分で混ぜる必要はなく、手間なしで、残りもとっておけます。
使いやすさとしてはNO1でしょう。

色も現在16種類あり、おしゃれな髪色もあります。白髪染めに見えないおしゃれなパッケージも嬉しいです。
部分染めならメッシュのような感じに見せることも可能です。

トリートメント成分も入っています。

染毛時間は15分。販売価格は1500円前後です。



花王ブローネワンプッシュカラー

このブローネワンプッシュカラーもシエロと同様にワンプッシュで2つの液が混ざる仕様になっています。

こちらに付属しているブラシは3つに分かれていて、かなり細かい部分や短い白髪も染めることができます。

色は現在10色。

ローヤルゼリーやカモミラエキスなども配合でトリートメントにも気を使っています(でもやはり傷みますが・・・)

染毛時間は15分。販売価格は800円前後です。


どうしても使うならヘアマニュキュアを!

以上、市販の白髪染めの選び方、おすすめの商品を紹介してきましたが、やはりできることなら酸化染毛料を使っている白髪染めは避けるべきだと思います。

髪の将来のことを考えると白髪染めトリートメント白髪染めシャンプーを使うべきでしょう。

このタイプでしたら頭頂から毛先まで染めても全く問題もなく、かえって髪がサラサラに潤います。

でもどうしても1回で完全に色を入れたい、市販のものでリーズナブルに染めたいという場合は、白髪用のヘアマニュキュアを使った方がいいと思います

白髪用ヘアマニュキュアへマニュキュアの白髪染めはこちらでも詳しく解説しましたが(→ヘアマニュキュアで白髪染め)、酸化染毛料ではないので髪へのダメージはありません。

ただ地肌や皮膚に付くと落ちないので生え際のぎりぎりなどは染めにくいというデメリットがあります。

ですが、市販の酸化染毛料の白髪染めよりはずっとおすすめできますので検討してみてください。